社会人リーグの報告

9月10日・日曜日、横山公園、9:30キックオフ、vsぷりんぷりんと行いました。

結果は辛くも勝利いたしました。

個々の頑張りは見えましたが、チームとしてのまとまりがあまり感じられませんでした。

今後は、個人のプレーを如何にチームのために活かすか。

今後の社会人チームに期待大。

社会人チーム SFAカップ報告

・2回戦、三栗山グラウンド、9:00キックオフ、VSブランベック 3-0 勝利

 内容としては、攻撃が単調で周りとの絡みが合わなく簡単に失い、カウンターを受ける場面が多かった。

 後半、攻撃でアタッキングサードでのスピードを考え周りと合わせることを考え臨み2得点。チャンスもあったが

 決められない、決定力不足。課題克服し次回に臨む。

・3回戦、北公園、10:30キックオフ、VSCBヴァンガード 2-3 敗戦

 前半、お互いに攻め手を欠き、拮抗したまま終了。ハーフタイムに後半開始から積極的に攻めようと話し合い、後半序盤

 から相手の足が止まったので、積極的に前へボールを運んだことが功を奏し、ミドルシュートとドリブル突破から2得点。

 しかし、2点リードで足が止まり、DFの裏を狙ってくるボールへの対応が出来ず、3失点。逆転される

 勝利できた試合を逃してしまう結果となった。ただ、1部リーグ相手に戦えることができたので、悔しい結果を種に、

 市リーグ戦に臨みたい。(コーチ談)

社会人チーム練習試合報告

4月30日、日曜日に田名中学校にて、19:30から30分・3本の練習試合をブレッサ相模原と行いました。

結果:4-2(3:2,0:0,1:0)勝利しました。

過去2戦行い、2戦とも完敗している相手でしたが、チームのテーマである、攻守にハードワークを惜しまないことを

掲げ、最後まで走り負けなかった結果、勝利することが出来ました。この勢いで、次戦の社会人リーグに向け、励んで

行きたいと思います。(コーチ談)

社会人チーム試合報告

4月16日、小山公園、13:50キックオフで3部リーグ戦を戦いました。(今年から参戦)

結果は 3-2(1:1,2:1)で初勝利をしました。

チームとしては、まだまだコミュニケーションもあまりとれず、チャンスもありましたが決められず、守備ラインの統率も

出来ていない中失点。課題は多く見つかり、選手同士でしっかりと話をし、次の試合に発揮してほしいと思います。

まだ若いチームなのでこれからが楽しみです。

皆さんの応援よろしくお願いします。

・ジュニアユース試合報告

日本クラブジュニアユース選手権一回戦が4月15日(土)におおね公園にて13:00キックオフで行われました。

vs横浜栄FCとの試合。試合に臨むにあたって戦う気持ちをもってプレー判断すること、チーム全体で信頼感をもって

進めることで臨みましたが0-1で敗戦しました。(残念)

ただ、自分たちのミスで失点してしまい前半戦は苦しい戦いでした。後半戦はより前にプレーする意識を高め、躊躇しないことを意識させ臨み、チャンスもあったが決められず終了。

最後まで諦めず戦えたことは良かった。試合での個々での反省、チームとしての課題をこれからはしっかりと意識して、

よりサッカーに取り組んでもらいたい。

まだ試合はあるので、悔しい気持ちを忘れず臨んでほしいの思います。

今後の選手の成長・活躍を期待したい。

ジュニアユース神奈川県U-15 1STステージが4月9日で終了しました

幹事の綾瀬FCのおかげで、相模原FCは全試合終了しました。綾瀬FCさんありがとうございました。

4月9日、綾瀬スポー公園でFCコラソンと戦い、1-1の引き分け。内容も試合ごとに向上してきて、先制点を取り、

いくつかチャンスもありながら、最後は失点してしまい、惜しくも勝利を逃しました。(今後に期待)

全試合で、9試合を戦い、4勝1分4敗、得点11点、失点14点

得点力不足を今後の課題として取り組み、選手同士で厳しさをもって行うことで成長すると考え今後に繋げていきたいと

思います。勝利に結びつける気持ち、試合の中で立ち直るための声・プレー判断なども勉強になりました。

選手は色々と感じたと思います。今後は楽な試合などありません。気を引き締め切磋琢磨し、成長してほしいと思います。

ご父兄の応援ありがとうございます。子どもたちは少しずつ成長しております。

第6回相模原FC杯争奪1年生フットサルリーグの報告

小学1年生のフットサルリーグが今年で6回目を迎え、相模原FCスポーツスクエアにて2月から行いました。

5チームでの戦いが4月1日終了しました。

相模原FCはチームとしては活動がないので、会員の子供たちに呼びかけ行いました。

参加チーム:OSジュニア、上南、作の口SC、清新SC、相模原FC

結果は、5チーム中2位。3勝1敗、得点24点、失点14点、非常に盛り上がり、父兄の応援がスクエア内に響いて

活気のある大会でした。参加していただいたチーム・スタッフ・ご父兄の皆さま、ありがとうございました。

新学期からサッカー頑張っていきましょう。

会員のお子さま・ご父兄の皆様、ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

2017年度 社会人チーム・シニアエンジョイチームが相模原市サッカー協会に登録しました。

ジュニア・ジュニアユース・ユース・社会人・シニアと各カテゴリーでサッカーを楽しみながら、また勝負にもこだわり

成長する1年間にしてほしいです。

これからの相模原FCの活躍に期待をしたいと思います。

ジュニアユース試合報告

3月29日(水)、綾瀬スポーツ公園にて神奈川県U-15リーグを行いました。

11:00 KICKOFF vs千代中学校

25日から毎日試合を重ね、成果を試す良い機会でした。

前半2得点(チャンスも多くありましたが決定力が・・・)、ハーフタイムにチームの狙いを再度みんなで意識して行うこと、後半に臨む気持ち、戦い方などをみんなで確認し後半に臨む・・も、なかなかうまくいかず押せられるシーンが多くなった。守備の頑張りは5日間の試合を通じて成長してきたことが0失点に抑えて、勝利しました。

この試合での課題を、全員が意識して、狙いをもってまた試合に臨んでほしい。

ジュニアユース試合報告

3月20日、綾瀬スポーツ公園にて、神奈川県U-15リーグ、1stステージ、vs FC MATと行いました。

惜しくも、敗戦(悔しいです)。内容は良くなってきている中での敗戦。決定機もありました、あそこで点を・・・

なんて思ってもあとの祭り。普段からの練習で決まります。

これから、3月25日~27日は、湘南平塚CUP(ベルマーレとあたります)、28日は練習試合、29日は神奈川県U-15リーグと試合が続きます。この期間に厳しい試合を重ね、チームとしての狙いがどれだけできるか、何をすべきか

個々が経験し課題を改善すべく努力が今後に役立ちます。

サッカーは常に何をすべきか考え、意思表示し、意識して、意図的に行い、強い意志がなければ、良い内容・よい結果に

結びつきません。今後のジュニアユースに期待です。

シニアエンジョイチームは、3月18日に相模原市サッカー協会シニア監督者会議に出席。

2017年から、相模原フットボールクラブシニアエンジョイチームとして活動いたします。

現在15名程度でスタートします。会員のご父兄中心ですが、参加希望の40以上サッカー大好きおとうさんはご連絡ください。一緒にエンジョイしながら楽しみましょう。

普段は、相模原FCのスポーツスクエアで月1・2回練習をしています。2017年は4月15日・土曜日、19:10から

です。お待ちしております。

シニアエンジョイチーム活動報告

2016年より、シニアエンジョイスクールをスタートしました。月1回の活動ですが、選手のご父兄を中心に楽しく行うスクールです。ご父兄から試合なども行いたいとご意見を頂き、相模原市協会SFAカップに参加いたしました。エンジョイスクールで行ってきたことをベースに楽しく、ちょっぴり真剣に望み、予選リーグは3試合で3負け。何とか1得点・1勝利を目指し、順位決定4位トーナメントに臨みました。

vs相模J’sに2-1で初勝利。(感激)2回戦はスターヒルズに惜しくも0-1敗戦(ちょっぴり悔しい)

全体的に、試合ごとに内容がよくなり、ご父兄同士で打ち合わせなど(酒?)ができ、チームワークもよくなりました。

決定機を何度も作り、体を張って守り、選手皆が一生懸命攻守に走りました。チームの結成当初より運動量も増え、手ごたえをつかんだ大会でした。2月には武内記念フットサル大会、29年度にはシニアリーグ戦に向け、「継続は力なり」を合言葉に頑張っていきます。応援の程、お願いいたします。

2017年新年を迎え、1月4日から6日まで茨城県常総フェスティバル中学生交流試合に参加してきました。(毎年恒例)、実家に帰省している選手もいましたが、ジュニアユース2年・1年生で新たにスタートしました。

遠征の目的・狙いなども理解して取り組む3日間にしたいと考えています。

1日目:レスト戸田 新年スタートの試合で気持ちも現れ2得点で勝利。攻守にわたり良いプレーが随所に出た試合である。

   :AS BLAUET 試合内容もよくなったが、守備の寄せの甘さが出て、1失点敗戦。

   :レスト戸田 2試合目で手の内がお互いわかる中、3得点1失点で勝利。

   :AS BLAUET 少し疲労もあるが、先制点は取ったが、守備(ボール際の甘さ、対応力)の甘さで2失点で敗戦。遠征のテーマでもある体力強化に試合終了後から日が暮れるまで有酸素系トレーニングを行う。

夜のMEETINGで遠征の目的・課題、試合での課題なども理解をしてもらい、明日の試合に取り組む。

2日目:成立中学校 相手の早さ、ボール際の強さなどで苦戦はするが、1得点で勝利(課題の守備は改善されず)

   :レスト戸田 3試合目の戦いであったが、2得点で勝利。内容は多少向上に向かう。

   :FC古河 相手のスピード・判断の早さ、サッカーを一生懸命プレーで表現するチームで我々も参考したいチームである。1失点で敗戦する。(守備での改善があまり見られなく、攻撃でも自分から崩す、向かう姿勢が足りなかった)

   :ならびレスト戸田 相手から申し込まれ急遽行う。2得点で勝利する。(内容は少し乏しかったが?)

試合終了後、有酸素系トレーニングを日が暮れるまで行う。(選手は必死に頑張っていた?)

3日目:成立中学校 前日と同じチームと戦うが、相手に圧倒されるシーンがある。(立ち向かえない気持ち)引き分ける。

   :セレブロ 相手の個々のレベルが高く、圧倒されるも1失点で抑えたことは評価したい。

   :ジュネス 押されながらも先制点は取れたが、後半の途中から集中力不足・プレーの質が下がり、判断が遅くなり相手にペースを握られ1失点で引き分ける。

3日間を通じて、選手は、前向きに取り組んでくれた遠征である。基本的に意欲をもっと表現してほしい。ひかえめな選手が多い中自分を出す、チームとしての狙い・個々の狙い、試合での状況判断をみんなで声を掛け合って取り組んでほしい。願い、2017年最初の遠征報告にしたい。